プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

溶接 加工方法 Yumopedia


樹脂・プラスチックの溶接加工

プラスチックで溶接加工が可能なのはPVC(塩化ビニル)、PMMA(アクリル)、PET(ポリエチレンテフタレート)
PC(ポリカボネート)、PP(ポリプロピレン)、PE(ポリエチレン)です。
溶接とよく似た「溶着(接着)」と呼ばれる加工方法がありますが、溶接とは加工方法が全く異なります。
溶着は専用の接着剤を使用し、注射器のようなもので接着剤を母材同士の間に流し込んでいきます。
その接着剤によって樹脂の表面を溶かし、母材同士を引っ付ける加工方法です。

【溶接加工とは】
溶着は接着剤を使用しますが、溶接は細い棒状の「溶接棒」を使用します。
この溶接棒は基本的には溶接したい材質と同じ材質のものを使用しますが、色は透明、アイボリーやグレーなどご希望に合わせることができます。
Φ3程度の大きさで溶接箇所に必要な長さに切って使用します。
加熱(熱風溶接)によって溶接棒を溶かしながら、引っ付けたい母材同士の接点に押し当てていくことによって溶接していきます。
見た目では少し膨らみがありますが、最終的には母体と溶接棒が一体化されます。
溶着だけでは強度的に不安な部分や、機密性の必要となる箇所には溶接をおすすめします。
パイプや薬液槽など、水や空気が漏れることを防ぐ目的で使用されます。
溶接の仕上がり具合や強度は加工者の技術によって左右されますが、弊社には溶接の実績も多数ございますのでぜひお問い合わせ下さい。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
や行一覧へ