豊富なマテリアルから
最適な素材を選択できます。

素材technology

豊富なマテリアルから
最適な素材を選択できます。

PTFE


名称

PTFEテフロン(フッ素樹脂)

特徴

耐熱性・耐薬品性・耐摩耗性に優れています。
フッ素樹脂は4フッ化エチレン樹脂(テフロン®と同等)です。
柔らかく伸縮、膨張するために加工がしづらいです。

外観

表面の手触りは非常に滑らかです。
白色

用途

食品、医療機器部品、半導体、液晶関連部品、ローラー、実験器具等

特性

比重 2.14
耐熱温度 -40~250℃
電気特性 絶縁
寸法安定性 ×
耐摩耗性
耐衝撃性
すべり特性

加工事例

PTFE テフロン
素材のワンポイント講座

素材のワンポイント講座へ

提案事例PTFE テフロンに関連する提案事例をまとめました

コネクター製作ジグ使用時の匂いの解決

以前までベークライト製ジグを使用していたが、高温になった際に異臭を放ち、作業者にとって不快であるというご相談をいただきました。
使用時の最高温度を確認したところ150℃位だという事でしたので、熱に強いテフロンで製作し、匂いの発生を無くす事に成功しました。

予算と条件を満たした素材選定

はじめに、滑りがよい樹脂での製作をご依頼頂いたので、テフロンでの加工を提案しました。
しかし予算が合いませんでした。お客様のご要望を詳しく聞かせて頂いているうちに、テフロンではそもそも過剰スペックになっていることが分かりました。そこで「安価で、それなりに滑りがいい」、ニューライトを提案したところ、お客様の予算内でニーズに合った物を製作することができました。

構造と材質の変更で機能性の向上

テフロンコーティングしている搬送架台を採用しておられたお客様が、コーティングを長持ちさせることで、搬送架台としての機能を維持し、搬送効率を良くする方法を考えておられました。
まずコーティングがどこから弱っているのかを調査したところ、表面のビスの箇所からコーティングが剥がれていました。
そこで裏より固定する設計に変更することで、表面には一切干渉物のない形状にしました。
結果、コーティングの剥がれ具合は良化し、スムーズな搬送ラインに生まれ変わりました。

製作からコーティングへの提案

今までアルミで治具を製作されていましたが、治具に非粘着性が欲しいという理由により、テフロンで治具を作って欲しいというご要望を頂きました。
当然弊社でテフロンで加工する事も可能でしたが、価格帯から見てテフロン材はアルミ材の数倍程度するので、テフロンを削るよりも、既に存在するアルミ治具にフッ素コーティングをする方がお客様にメリットがあるのではと考え、提案させて頂きました。

コストダウン実現、テフロンからニューライトへ

海外の機械を購入して機械をバラしたらテフロン製のパーツが含まれておりお客さんからは同じ材質で品物を作って欲しいと言われましたが、 使用環境や使用条件を伺うとテフロン程の耐熱性も必要ないことからニューライトで提案し、テフロンで作るよりもコストを抑え、ベストな材料で加工できました。

提案事例一覧へ