プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

耐薬品性 物性 Yumopedia


樹脂・プラスチックの耐薬品性

耐薬品性とは、各薬品に対しての耐久性のことを言い、数字が大きい程耐薬品性に優れます。
薬品の種類にはアルカリ・酸類・酸化剤・有機溶剤・塩類などがあり、それらに対して溶けたり、膨張したり、反応しないことを耐薬品性があると言います。

酸に強い樹脂
・PVC(ポリ塩化ビニル樹脂)
・PE(ポリエチレン)
・PP(ポリプロピレン)
・PS(ポリスチレン)
・ABS樹脂
・PMMA(アクリル)
・PVDF(ポリフッ化ビニリデン)
・フェノール樹脂
・エポキシガラス  等

アルカリに強い樹脂
・PVC(ポリ塩化ビニル樹脂)
・PE(ポリエチレン)
・PP(ポリプロピレン)
・PS(ポリスチレン)
・PVDF(ポリフッ化ビニリデン)等

ここに共通するPVC(ポリ塩化ビニル樹脂)・PE(ポリエチレン)・PP(ポリプロピレン)・PS(ポリスチレン)・PVDF(ポリフッ化ビニリデン)は耐薬品性に優れていると言えます。

上記に挙げたものは、汎用プラスチックとエンジニアリングプラスチック(以下エンプラ)のみです。
エンプラの中でも特に優れた性能を持っており、耐熱温度が150度以上で長時間使用できるプラスチックの総称として、スーパーエンジニアリングプラスチックというものがあります。
その代表的なものとしてPTFE(テフロン)があります。
PTFE(テフロン)は耐疲労性・耐磨耗性・寸法安定性が高く、ほとんどの薬品に侵されません。

薬品の種類はここで挙げた他にも多数あります。
使用する薬品によって最適な樹脂・プラスチックは変わるのでご相談下さい。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
た行一覧へ