お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

加工 technology

お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

ロボット部品加工


加工内容・特徴

弊社で扱う樹脂(プラスチック)や金属の切削加工部品は主に試作やサンプル、製品を組立・生産する為の治工具、製品そのものに使用される部品と様々です。
その場その場の仕様によって材質や形状が決定されるのですが、最近は特に軽量化の為に樹脂を検討されているユーザー様が多いように思います。

弊社では従来より産業ロボット部品を数多く製作しています。
産業ロボットとはものづくりの過程において自動化(ファクトリーオートメーション化)する為に用いられるロボットのことを指し、具体的には搬送・移動・積載や、溶接、塗装、梱包、加工、組み立てなどの工程に用いられます。
このうち溶接や、搬送・移動・積載が産業ロボットの大半を占めます。
加工や組み立てといった工程は複雑な内容も多いのですが、技術が進歩するとこちらもどんどん自動化(ファクトリーオートメーション化)が進むかと思います。
主な分野としては自動車、電子機械、食品など様々です。
世界的にもいち早くオートメーション化が進んだ自動車や電子機械の分野は産業ロボットが多く利用されております。
今後もAIの発達に伴いより様々な分野で産業ロボットの普及が見込まれます。
また産業ロボットだけでなく近年では清掃ロボットや、サービスロボット、レスキューロボットなどはAIの発達が大きな要因といえます。

産業ロボットの機械部分の構造は基本的に土台とアーム、先端のハンドからなります。
それぞれが前後左右上下(XYZ軸)、回転(旋回)、開閉することで必要な動きを再現します。
基本的には人の作業から自動化を試みているので、その動きは人の関節を再現しています。
例えば腰の回転を土台テーブルで行い、肩の角度や動き、肘の曲げ伸ばし、手首の曲げや回転、指先の曲げ伸ばしをそれぞれ機械の軸で再現しています。
これらに下半身の動きが加わるともう完全に人型ロボットになりますが、こちらはまだ制御が難しいのでAIの発展に期待したいところです。
人より関節部分の軸を増やすことで自由な動きを可能にしたり、関節を垂直にそろえることで水平な動きを正確にしたりする構造があります。
これらはロボットならではの速さと正確さ(作業の均整化)は大きなメリットですし、ロボットはメンテナンスこそ必要かもしれませんが、電力(あるいはエア)を与えてあげれば基本的には疲れたり、文句を言うことはありません。

弊社の産業ロボットの部品実例ですと土台や主軸によく使用されるSUS(ステンレス)や、アーム部分によく使用されるアルミやエンジニアプラスチックの加工を得意としています。
また最近では、部品を切削加工でなく3Dプリンターで製作する事例も増えて参りました。
ロボット部品では駆動するパーツが多いので、強度を必要とする場所が多いのですが、従来の3Dプリンターではその強度がネックとなっておりました。
そこで弊社では精度と強度の需要に応えることができる熱溶解積層法(FDM方式)の3Dプリンターは3台導入しております。
分かりやすい事例ですと、ギアを積層で製作することもあります。
この積層という手段を視野に入れることで、中空形状や、肉抜きされた形状、クランプが難しく切削加工しにくい形状を設計することも可能です。
さらには3Dプリンターで積層後、切削加工により仕上げるといったことも弊社の得意な加工方法です。
3Dプリンター加工専門のチームを立ち上げました。
詳細はこちらから。(湯本電機の3Dのプリンター加工専門サイトに移動します。)

設計者の皆様は機械分野に精通されているので、立派な図面を作成可能ですが、材料の規格や加工上の懸念点等を考慮すると、製作費用に跳ね返ってくることもしばしばあります。
産業ロボット部品分野においては、樹脂(プラスチック)から金属まで多様な材質、切削加工だけでなく3Dプリンターでの積層も可能なので、用途をお聞かせ頂ければ実績より提案ができるのが弊社の強みですので是非ご相談ください。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。


プラスチック加工のワンポイント講座

加工のワンポイント講座へ

提案事例に関連する提案事例をまとめました

提案事例一覧へ