お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

プラスチック加工 technology

お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

金属部品の樹脂化


プラスチック加工

加工内容・特徴

金属部品の軽量化、樹脂への素材変更

以前より進んでいた金属部品の樹脂化の動きは、部品の「軽量化」「低コスト化」が目的でした。最近では環境対応を目的とした樹脂化が注目されており、お問い合わせを頂く機会が増えています。

その中で、金属部品を使用している箇所の軽量化、樹脂への材質変更のご相談を多く頂いております。まず、同じ大きさのものでも樹脂に代えると軽量化を図れるので、取り付けの際や機械の負担も軽減できます。
樹脂素材は金属より比較的低コストのものが多くあります。

素材の過性能部分を見つけることができれば、置き換えが可能でコストダウンに繋げることができます。

樹脂化のメリットと注意点については「部品を樹脂化するメリットと注意点」をご覧ください。

当社では樹脂素材を在庫で置いている種類も多く、ご注文日から加工を開始できます。
さらに二交替制で稼働しておりますので、急な案件にも対応できます。

部品の樹脂化を検討している方へ

湯本電機は樹脂・金属素材の合わせて200種以上の切削加工実績があります。
また、3Dプリンター出力での製作も提案可能です。部品の一体造形など、加工方法変更によるメリットも提案いたします。

部品樹脂化のご相談には、これまでの事例に基づき最適な提案をさせて頂きます。
樹脂化についてご不明な点などあれば、お気軽にご相談ください。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

設計・その他
プラスチック加工のワンポイント講座

加工のワンポイント講座へ

提案事例設計・その他に関連する提案事例をまとめました

リバースエンジニアリングで図面のない部品を再製作

リバースエンジニアリングによる切削加工事例

お客様から摩耗した治具を作り直したいというご相談を頂きましたが、お客様は現在使用中の部品しか持っておらず、図面がない状態でした。
そこで、今回はリバースエンジニアリングにより現物部品から図面データを作成するところから対応させて頂きました。

今回預かった部品の材質はMCナイロンで、フランジ形状治具が1種類とブロック形状治具が2種類です。

まず最初に技術開発部でノギスや定規を使って現物の寸法を大まかに計測し、モデリングと図面作成を行います。その後、品質管理部で3次元測定器などの精密な検査機器を使って測定します。3次元測定器での検査では、目視では分からない形状も漏れなく確認することができます。

当社リバースエンジニアリングの流れ

  1. 技術開発部が現物の寸法をノギスや定規で大まかに計測し、モデリング・図面作成に着手
  2. 品質管理部が、多種多様な計測機器を用いて現物の寸法を計測
  3. 計測した詳細寸法を3Dモデル及び図面に反映
  4. 作成した3Dモデル及び図面をもとに加工

品質管理部の測定では、フランジ形状の治具に精密な検査でないと見逃してしまう箇所があることを発見できました。また、今回のブロック形状の治具は板に穴があいているだけの単純な形状でした。この治具に関しては、当社営業担当がお客様から価格を抑えたいという要望を事前にヒアリングしており、製造部と加工方法についての協議をした結果、NC加工機を使わずに汎用フライスで対応することにより価格を抑えることができました。

まとめ

当社では現物だけの部品も、リバースエンジニアリングにより再製作が可能です。設計部署と検査部署の連携により高精度の測定で預かった部品の再現をします。図面を紛失した部品や、破損した部品の復元でお困りの際は湯本電機にご相談ください。

社内工場には5軸加工機や旋盤加工機などの多種多様な加工機を所有しています。その中からお客様のご要望に合わせて最適な加工方法を提案することができます。さらに、一つの製品が完成するまでの全工程を自社内で完結させることができます。そのため各工程間の認識の齟齬や連絡のタイムラグがなく、速く確実にお客様の要求を満たすものを作り上げることが可能です。

今回の提案事例内のプラスチック素材紹介

MCナイロン

MCナイロン加工品

MCナイロンは摺動性に優れたエンジニアリングプラスチックです。強度・耐熱温度が高く、優れた物性でありながら比較的安価で、使用頻度の高い素材です。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工・3Dプリントによる、様々な形状のプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

金属部品を樹脂化 黒ベークライトで治具の絶縁・軽量化

使用素材 黒ベークライトの事例

基盤で使う固定治具に従来アルミを使っていましたが、その治具に絶縁性を求められるようになったため、樹脂での製作をご依頼頂きました。
お客様の求められる条件は以下の2つでした。

  • 他の部品の色と統一するため、色は黒色であること
  • 比較的安価であること

より詳細な条件を伺うと、はんだを使うため耐熱温度は最低100℃以上、高温状況下で寸法安定性の高いものが良いということでした。
温度域は110℃程度でそこから多めに見積もっても±10℃程度であるということでした。
そこで耐熱温度が-50℃~130℃の黒ベークライトでの製作を提案させて頂きました。
ベークライトは電気絶縁性に優れ、電気絶縁材料として広く使われている樹脂・プラスチックです。
さらに紙ベークライトは、電気絶縁性の優れた材料の中でも特に安価です。
また機械的強度に優れ、様々な治具に利用されています。
紙ベークライトは吸水率が非常に高く、紫外線により劣化するという欠点がありますが、今回の治具が使用される環境下ではこれらは問題がありませんでした。
結果黒ベークライトの治具を採用して頂き、その後問題なく使用できているとのことです。

【お客様の声】
プラスチック加工でネットで見つけ、問い合わせさせて頂きました。
同じ市内で相談しやすい切削加工業者さんがいて助かりました。
(製造業/大阪府)

【ワンポイント】
ベークライトは電気絶縁性に優れた樹脂・プラスチックです。
機械的強度に優れますが、積層板であるため層に垂直方向には強度がありますが、平行な方向には弱い側面があります。
加工・使用時には力の加わる向きには注意する必要があります。
紙ベークライトは絶縁材料の中では特に安価です。

紙ベークライトの素材ページはこちら

布ベークライトの素材ページはこちら

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

金属から樹脂への材質変更

使用素材MCナイロンの切削加工事例

お菓子製造ライン内のアルミ合金製のローラー部品が摩耗により破損し、より耐久度の高くして新しいものを製作したい依頼を頂きました。
当初は金属素材での材質変更を想定されておりましたが、耐久性を高め、コスト面での協力も可能なMCナイロンに材質を変更することを提案しました。
強度も問題なく、煮沸処理することで食品衛生法もクリア、コーティングも必要なく、低コストである上に部品の軽量化も実現できました。

基本的に樹脂と金属素材は強度に大きな差があります。相当な強度が必要とされる場合はスーパーエンジニアリングプラスチックなどの高機能素材を使用することになりコストが増加することが多いです。
今回のように実はプラスチック素材に適当な条件のものがあることもあります。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

分割加工によるコストダウン

設計と加工方法変更によるコストダウンの事例

部品の要件を満たすための設計・加工方法は、正解が1つであるとは限りません。
最初に設計した図面での製作が最もコストがかかる方法になっていることもあります。

ここではボディ部品の形状について、予算内で製作した事例について紹介します。

このケースは、幅1000mmを超える大きなサイズの案件です。
お客様はコーナーを90度指定、固定の箇所に当たる部分も一体加工で考えておられました。
角の90度の必要性を問うとピッタリ当たるように設計したということでした。
ですが、図面どおり製作するとコストがかかるので、加工Rではなくコーナーに穴を開けることで対応しました。
さらに一体加工をすると、固定箇所以外を全てドリルで削る必要があったので、タップ加工し、固定箇所と本体をネジで止める提案をし、予算内にコストを抑えることができました。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

UHMW-PE(ニューライト)へ材質変更でコストダウン

使用素材 UHMW-PE(ニューライト)の事例

海外製の機械を中古品で購入し、しばらくは使用できていましたが、故障したので分解して中を見てみると、PTFE製のローラーが破損していました。
メーカーに問い合わせると廃番となっており、部品の入手が不可能だったため、なるべく安くその部品を作って欲しいというご相談を頂きました。

使用環境や使用条件を伺うと、その部品は摺動性は必要ですが、PTFE程の耐熱性は必要ないことが分かりました。
そこでこの部品はUHMW-PE(ニューライト)での製作を提案させて頂きました。

UHMW-PE(ニューライト)は滑り特性に優れ、摺動部品などに使用される素材です。
また、スーパーエンジニアリングプラスチックであるPTFE(テフロン)よりも安価です。
この部品加工ではUHMW-PE(ニューライト)での製作を了承して頂き、過剰品質を防ぎ、コストを抑えることができました。

【お客様の声】
廃番となっていた部品でしたので、ダメもとで見積もり依頼を出させていただきました。
何社か依頼しておりましたが、元々同じ材質のPTFEで見積もっていたため、高額でした。
どうしようか悩んでいるところに、別の素材でも条件を満たしているのでどうかとUHMW-PE(ニューライト)をご提案いただき、お願いしました。
同じ材質じゃないとダメだと思いこんでいたので、別の材料でコストダウンをできたことに感謝しております。
(製造業/東京都)

【ワンポイント】
ご使用環境や用途によっては代替可能な素材があります。
過剰品質となる素材を選定すると、余分なコストがかかってしまいます。
ご使用環境や用途をヒアリングさせて頂くことで、最適な素材を提案することができます。

UHMW-PE(ニューライト)の素材ページはこちら

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

提案事例一覧へ