わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

ワンポイント講座 lecture

わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

プラスチック加工 代替案の考え方プラスチック加工のワンポイント講座


部品加工の現場では、設計者の意図する形状が必ずしも加工者が再現しやすい物ではないことがあります。
機械加工部品のコストは大きく分けて材料費と加工費用ですが、多くの場合はそのほとんどが加工費用です。
加工費用には単純にその加工品を製作する費用、その加工に必要な治具代や刃物や道具、
データ確認やプログラム作成の他、段取りや準備といった時間も考慮しております。
当然難しいとされる加工品には、これらの時間や手間が多く必要となりますので、リスクも考慮する必要があります。

工程数を減らす

さらに加工品には1工程で加工できるものもあれば、旋盤→マシニングといった何工程か必要なものがあります。
工程数が多くなればなるほどコストは高くなります。
こういった場合、湯本電機では同時加工ができるような治具や多軸加工機を採用して、工程数を減らせないか模索しております。
治具が必要になるケースで多いのが、加工品を固定するのが難しい場合です。
そういった場合には設計の際にクランプしやすいところを残す形状を提案させていただくケースがございます。
またよくあるケースで極端に長い、短い、細い、大きい、小さい、薄いなどの形状がある場合は、絶対条件でなければ少し寸法や形状を変更、
または可能であれば分割形状にするだけでもコストダウンにつながる場合があります。
切削加工には様々な刃物が必要でドリルやエンドミルが主となります。

使用する刃物を減らす

寸法公差が厳しい加工、特殊なネジなどの加工がある、難削材や刃物の摩耗が見込まれるような形状の場合は、別途刃物が必要になるケースがあります。
このような場合は材料の変更を検討する、公差緩和、形状変更でコストを抑える方法を模索できることがあります。
なお湯本電機では切削加工では難しい形状は3Dプリンターを用いて再現することがあります。
3Dプリンターで製作する際は、クランプがしにくい形状、削るのが難しい形状を解決してくれます。
納期も切削加工より短縮できる例が多いので、そういった場合はこちらから提案させていただくことがあります。

処理の方法を考える

熱処理や表面処理についても、使用目的によって処理を変更することで、コストを下げられるケースがあります。
熱処理の特性上どうしても歪みが生じることが多いため、精度が必要な部品は熱処理後研磨仕上げが必要になることがあります。
熱処理を行う目的が表面硬度のみの場合は歪みの少ない熱処理に変えることで後工程をなくすことができる場合があります。
なお場合によってはその熱処理に適した材料の変更も必要となります。

表面処理は膜圧管理のしやすいメッキとそうでないメッキがあります。
膜圧を考慮して寸法を仕上げるような場合は管理が難しくなるので、図面公差によってはメッキの種類を変更した方が良い場合があります。
メッキの工程をなくす為に鉄材ではなくステンレス(SUS)での加工を望まれる場合がありますが、ステンレス(SUS)自体が難削材にあたる為、
メッキの費用がなくなっても加工費用が高騰する場合も多いのでこちらは注意が必要です。

材料選定を考える

材料代についても、選択頂いています材料が過剰スペックになっているケースはコストに繋がります。
材料を選定する際重要なのが、絶対条件と希望条件に分けて検討頂くことかと思います。
希望条件まで全て備えた材料を選定すると、とても高価な材料となってしまうことが多いので、絶対条件をまずはお聞かせいただければいくらか提案が可能かと思います。
材料には規格というある程度決まったサイズがございます。
この規格に準ずる寸法で設計されている場合は問題ございませんが、規格寸法より調整する必要のある場合はこちらもコストとなりうることがあります。
板の場合は厚み、丸棒の場合は外径を考慮いただければ余計なコストを省くことができるかもしれません。
ただし材料によっては厚みや径のばらつきがあるので、最低限の仕上げは必要な場合が多いですので素材なりをご指定いただく際は注意が必要です。

様々なケースによって湯本電機の営業担当はいかに必要な要求を満たしつつ加工側よりコスト削減可能な点を提案させて頂いております。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

タグ

この記事に関連する
プラスチック加工のワンポイント講座

ワンポイント講座一覧へ