豊富なマテリアルから
最適な素材を選択できます。

素材technology

豊富なマテリアルから
最適な素材を選択できます。

PPS


PPS

名称

PPS(ポリフェニレンサルファイド)

PPSの特徴

PPSは耐熱性と機械的強度に優れたスーパーエンジニアリングプラスチックです。
耐熱性・寸法安定性・耐薬品性・機械的強度・耐摩耗性のいずれも高い水準です。
主に切削加工と射出成形で加工されます。

連続使用温度が約220℃、融点が約278℃、ガラス転移点は約88℃です。
耐薬品性に優れており、200℃以下の環境でほとんどの薬品に耐性があります。

PPSはPEEKに近い耐熱性を持ちながらも、素材の価格はPEEKの2分の1~4分の1です。

吸水性が極めて低く、23℃浸漬24時間での吸水率は0.02%です。
吸水・吸湿による寸法変化はほとんど起こりません。

さらに熱膨張率が低く、温度変化による寸法変化も起こりにくい特徴があります。
これらにより寸法安定性に優れた素材としても利用されています。

機械的強度

引張強さ(79MPa)・曲げ強度(128MPa)に優れています。
しかし衝撃には弱く、欠けや割れが発生することがあります。

耐熱性

連続使用温度が220℃で、高温域まで高い性能を発揮します。

耐候性

PPSは耐候性が高いプラスチック素材で、紫外線などによる劣化が起こりにくいです。
そのため、屋外で露出する部品にも利用されます。

難燃性

PPSは難燃性の素材です。
燃えにくく燃焼時の発煙も少ないです。

《使用・PPS加工の際の注意点》

連続使用温度は220℃ですが、ガラス転移点は97℃と低いため、高負荷・高温下での使用には注意が必要です。
220℃よりも低い温度で変形が起こる可能性があります。

割れやすく欠けやすいため、加工中の取り扱いが難しく、バリが発生しやすい素材です。

外観

素材の上下面は光沢があります。
薄い灰色~薄い茶色

用途

製造ライン用部品、医療機器部品
半導体・液晶関連部品等

PPS加工品の使用例

自動車

耐熱性に優れ、金属よりも軽いPPSは、自動車部品の樹脂化に利用されています。
特にエンジン周りやブレーキ系統などの耐熱性が求められる箇所で検討されます。
難燃性で耐薬品性にも優れるため、エンジンルーム内の自動車部品の代替が進んでいます。

電子機器

寸法安定性に優れるPPSは、電気・電子部品にも適しています。
マイクロスイッチ、コンデンサー、LCD製造装置などの部品に利用されています。

PPSは射出成形での加工ができます。大量生産に適した加工方法である一方、少量生産には向きません。
試作を同じPPSで繰り返し行い、試作完了後に射出成形ができるという点でもメリットがあります。

半導体

耐薬品性・寸法安定性に優れることから、半導体製造向けの部品にも利用されています。
これにはイオン性不純物が少ないグレードのPPSが採用されています。

PPS加工

取扱規格表

板材 丸棒
ナチュラル色 ナチュラル色
厚み(mm) 幅×長さ(mm) 外径(φ) 長さ(mm)
0.2 500×1,000 10 1,000
0.3 500×1,000 13 1,000
0.5 500×500 20 1,000
0.8 500×500 25 1,000
1 500×500 30 1,000
2 500×500 40 1,000
6 500×1,000 50 1,000
10 500×1,000 60 1,000
15 500×1,000 80 1,000
20 500×1,000 100 1,000
25 500×1,000 120 1,000
30 500×1,000 150 1,000
40 500×1,000
50 500×1,000
60 500×1,000
80 500×1,000
100 500×1,000

取り扱いメーカー

東レ株式会社
三菱ケミカルアドバンスドマテリアルズ株式会社
クレハエクストロン株式会社

その他のグレード

●PPS(耐磨耗性グレード)青

特徴 スタンダードに比べ耐磨耗性や摺動性に優れ、寸法安定性がさらに優れています。
外観 素材の上下面は光沢があります。
用途 乾燥ラインコンベア用部品、金属表面処理ライン関連部品、メッキ加工関連部品、食品加工ライン関連部品、化学プラント関連部品、精密機器部品等

●PPS(耐磨耗性グレード)青の特性

比重 1.43
推奨使用温度 常温~220 ℃
電気的特性 絶縁
寸法安定性
耐摩耗性
耐衝撃性
すべり特性

●PPS(ガラス入りグレード)黒
PPS加工

特徴 スタンダードに比べ耐磨耗性や摺動性に優れ、寸法安定性がさらに優れています。
外観 素材の上下面は光沢があります。
用途 乾燥ラインコンベア用部品、金属表面処理ライン関連部品、メッキ加工関連部品、食品加工ライン関連部品、化学プラント関連部品、精密機器部品等

●PPS(ガラス入りグレード)黒の特性

比重 1.65
推奨使用温度 常温~220℃
電気的特性 絶縁
寸法安定性
耐摩耗性
耐衝撃性
すべり特性

PPSのプラスチック加工は湯本電機にお任せください

湯本電機では、PPS切削加工によるオーダーメイドの部品加工を承ります。

当社では試作や1個からの小ロット、量産までお客様のご必要な数量で対応させて頂きます。
詳細な図面がなくても、簡単な手書きの図面でもお見積りさせていただきますので、お気軽にお問い合わせください。
試作で1個製作し、品質のご確認・コストダウンなどの提案を経て、その後量産に取り掛かるという対応もしております。
そのようなご案件がございましたら是非ご相談ください。

PPS加工、樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品をお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

特性

比重 1.35
耐熱温度 常温~190℃
電気特性 絶縁
寸法安定性
耐摩耗性
耐衝撃性
すべり特性

加工事例

PPS
素材のワンポイント講座

素材のワンポイント講座へ

提案事例PPSに関連する提案事例をまとめました

使用条件に合わせた材料提案

最大200℃以上の環境で使用する絶縁ベースプレートのご依頼をいただきました。
最初はベークライトでの製作を予定されていましたが、ベークライトでは耐熱温度の問題があり、注文寸法の板厚5mm程度ですと反る懸念もありました。
そこで、条件に当てはまる耐熱温度を持ち、薄くても反らず硬い材質ということでPPSを提案し、採用頂いた結果非常に好評でした。 (PPSの 耐熱温度は220℃です。)

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

提案事例一覧へ