プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

結晶性樹脂 素材 Yumopedia


強度の高い熱可塑性樹脂

プラスチックの中には、ガラス転移点または融点まで加熱すると柔らかくなる熱可塑性樹脂と、一度加熱し硬化すると再び軟化することがない熱硬化性樹脂の2種類があります。
その中で熱可塑性樹脂は結晶性樹脂と非結晶性樹脂の2つに分かれています。
ヒモ状の分子が絡み合い、分子同士の繋がりが規則正しく配列された状態のものを結晶性樹脂と呼びます。
その分子の固まり方の性質によって結晶性樹脂と非結晶性樹脂の2つに分けられます。
結晶性樹脂は、温度が高い溶解状態では1つ1つの分子がバラバラに分子運動しながら絡みあっていますが、温度を下げていくことで分子運動がゆっくりと停止していきます。
イメージとしては融点があり、その融点に達すると1つ1つの分子が手をつないで一定箇所に収まっていく様子です。

結晶性樹脂の例として、PPS(ポリフェニレンサルファイド)・PEEK(ポリエーテルエーテルケトン)・POM(ポリアセタール)・PET(ポリエチレンテレフタレート)などがあります。
ただし、規則正しく配列された結晶部分の比率はプラスチックの種類や成形条件によって異なります。
結晶性樹脂の長所は耐熱性が良く、摩擦性抵抗が少ないので摺動性に優れ、耐溶剤性・機械的特性にも優れていることです。
短所は折り曲げた際に割れやすく、反りが発生しやすいことです。
また、結晶部分と非結晶部分は光の屈折率が異なるため、その両方の構造を持つ結晶性樹脂の色は不透明であります。

結晶性樹脂の一覧表はこちら

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
か行一覧へ