お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

加工 technology

お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

キー溝加工


加工内容・特徴

キー溝加工とは、嵌合する部品同士の位置が動かないようにする加工です。
スプライン加工、インボリュート加工も同じような用途に用いられます。
キー溝は、文字通りキー型の溝が加工品の内径または外径に加工されています。
スプライン加工やインボリュート加工はキー溝よりも溝の数が多く、任意に部品同士の嵌合角度を変更することが出来ます。
加工方法は主に、スロッター加工(ブローチ加工)、マシニングセンタ加工、旋盤加工の三種類に分かれます。
スロッター加工機による加工はバイトと呼ばれる刃を主軸に取り付け、上下運動により少しずつキー溝を削っていきます。
※複合旋盤でも同じようにバイトを用いてキー溝加工が可能です。
マシニングセンタ加工は内径や外径をエンドミルを用いて削るため、内径はキー溝の角に外径はキー溝の根元に刃物Rが付きます。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。


プラスチック加工のワンポイント講座

加工のワンポイント講座へ

提案事例に関連する提案事例をまとめました

提案事例一覧へ