お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

加工 technology

お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

歯切り加工


加工内容・特徴

歯切り加工とは、円柱の外周に凹凸を作り歯車に仕上げる加工です。(内側に凹凸を作る内歯車もあります。)
一般的には金属部品に施されることが多いですが、もちろんプラスチック・樹脂部品にも加工可能です。
歯車の種類としては平歯車、はすば歯車、かさ歯車、ねじ歯車、ウォームギアなどがあります。
通常、加工品に歯切りをする場合は、創作歯切り、成形歯切りの二つの加工方法に分かれます。
創作歯切りは歯切り専用の加工機にホブ、ピニオンカッタ、ラックカッタを取り付け、刃物の特殊な運動により歯車形状をつくります。
成形歯切りはフライス盤やマシニングセンタ、NC旋盤などにエンドミルやツールホルダーを取り付けることで歯車形状をつくる事が出来ます。
この成形歯切りについては、マシニングセンタで簡易的な旋盤加工が可能なCNCインデックステーブルを用いることで、マシニングセンタでの歯切り加工も可能です。(特殊な刃物が必要となります。)
湯本電機ではCNCインデックステーブルは、円柱形状の加工品に側面穴あけや側面溝加工をする際に多く使用しております。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

加工事例

歯切り・キー溝加工
プラスチック加工のワンポイント講座

加工のワンポイント講座へ

提案事例歯切り・キー溝加工に関連する提案事例をまとめました

提案事例一覧へ