お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

加工 technology

お客様のご要望に確実にお応えできるよう、
豊富な機器を取り揃え様々な加工を行っています。

3Dプリンティング


加工内容・特徴

3DCADで作成した三次元のデータから、立体物を造形するのが3Dプリンタです。三次元データを薄くスライスしたデータに変換し、樹脂などの原料を一層一層積み重ねていくことで立体物を作り上げていきます。
これまで、立体物の作成には、加工のための高額な設備や専門的な知識・技術を持った人材が必要なため、仕上がった立体物は高品位なのですが、時間やコストがかかるという課題がありました。3Dプリンタであれば3Dデータを作成するだけで、簡単に立体物を造形することができます。つまり3Dプリンタがあれば面倒な工程を踏まずに短時間かつ低コストで立体物を作ることができるのです。

設備・仕様

    • 【メーカー名・型番】
    • Stratasys(ストラタシス)・FDM Stratasys F370
    • 【最大造形サイズ[X,Y,Z]】
    • 355mm × 254mm × 355mm
    • 【本体サイズ[X,Y,Z]】
    • 864mm × 711mm × 1626mm
    • 【造形材料】
    • ABS / PLA / ASA(2018-) / PC-ABS
    • 【紹介記事】
    • ストラタシス社製の3Dプリンター「F370」

  • 【メーカー名・型番】
  • Markforged(マークフォージド)・The Mark X
  • 【最大造形サイズ[X,Y,Z]】
  • 330mm × 270mm × 200mm
  • 【本体サイズ[X,Y,Z]】
  • 575mm × 467mm × 930mm
  • 【造形材料】
  • Nylon / Onyx / Kevler / Carbon Fiber / Fiberglass / HSHT Fiberglass
  • 【紹介記事】
  • 世界初のカーボンファイバー3Dプリンター「MarkX」

3Dプリンティング
加工のワンポイント講座

加工のワンポイント講座へ

提案事例3Dプリンティングに関連する提案事例をまとめました

提案事例一覧へ