わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

ワンポイント講座 lecture

わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

PP(ポリプロピレン)とPE(ポリエチレン)の違いについて素材のワンポイント講座


ポリプロピレン分子構造ポリエチレン分子構造ポリプロピレン・ポリエチレン分子構造

PPとPEの違いとは?

PP(ポリプロピレン)とPE(ポリエチレン)は色も似ており、共通点も多いので、見分け方・使い分け方をあまり理解していない方も多いのではないでしょうか。そこで今回はその違いを説明したいと思います。

共通点
(1)どちらも炭素と水素からなる高分子。
(2)熱で溶融し、成形できる。(熱可塑性/射出成形可能)
(3)耐熱性は高くない。(PP:130℃ PE70-90℃)
(4)良く燃える。(自燃性/指定可燃物)
(5)比重が1以下。(PP:0.91-0.96 PE:0.95-0.97)
(6)絶縁体である。
(7)誘電率が低い。(高周波材料に使われる、電子レンジで発熱しない)
(8)吸水率は低い。(0.01%以下)
(9)無味、無臭、無毒である。

相違点
(1)融点はPPが高い。
(2)熱変形温度はPPが高い。(PE;30-50℃、PP;60-65℃)
(3)常用温度はPPが高い。(電気的連続使用温度:PE;50℃、PP;65℃)
 PEは水の沸騰温度(100℃)に絶えないが、PPは耐えるので電子レンジに使える。
(4)PPは硬く、PEは軟らかい。
(5)PPは完全な光沢性の無色透明フィルムができるが、PEは白濁したものしかない。
(6)PPは耐候性がPEよりかなり低い。
  酸素、塩素やオゾンなどにより酸化されやすく、紫外線劣化が問題となることがある。(添加剤がより必要)
(7)用途分け
 PE:軟質フィルムやシート、水道管、ガス管、
 PP:繊維、不織布、硬質シート、硬質部品、粘着テープ、硬質発泡体

PP(ポリプロピレン)加工、PE(ポリエチレン)加工、樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

PP(ポリプロピレン)の素材ページはこちら。
PE(ポリエチレン)の素材ページはこちら。


回りすぎるボールペン【Gyro-ジャイロ-】
クラウドファンディングに販売中!
ジャイロ
→ご購入・詳細はこちら

▲販売期間:2018年9月13日~2018年11月29日

タグ

この記事に関連する
素材のワンポイント講座

ワンポイント講座一覧へ