プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

残留応力 物性 Yumopedia


物体内に残っている応力

残留応力とは、外力を除去した後にも物体内に残っている応力のことです。
切削加工などの機械加工時や、溶接などの加熱時、熱処理や窒化処理を施したときにも発生します。
残留応力には引張残留応力と圧縮残留応力の2種類あります。
引張残留応力は物体外部へ向かう力で、これがあると物体の強度は低下する場合が多いです。
一方圧縮残留応力は内側へ向かう力で、これは強度を向上させます。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

関連ワード
さ行一覧へ