プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

フライスカッター 工具 Yumopedia


フライス盤・マシニングセンタに使用する刃物

工作機械にはいくつかの種類があり、旋盤・ボール盤・フライス盤・マシニングセンタ・歯切り盤などがあります。
その中でフライス盤、マシニングセンタに使用される刃物をフライスカッターと言います。
フライスカッターには、アリ溝カッター、Tスロットカッター、正面フライス、面取りカッターなどがあります。

  • アリ溝カッター
  • 底部が台形の形をした溝をアリ溝加工といい、その溝加工を行う際に使用する刃物です。
    2つの製品をつなぎ合わせる目的で加工することが多く、旋盤の刃物台送り台にもアリ溝加工がされています。

  • Tスロットカッター
  • 加工した後の形状は溝の底が広く、T字を逆さまにしたような形状になっています。
    目的として刃物Rを付かないようにしたり、ゴムパッキンなどを用い、
    Oリング溝として使用されることが多いです。

  • 正面フライス
  • 平面削りや段削り、円盤の円周上に複数の切れ刃を取り付けた切削工具。
    表面の厚み部分を仕上げすることにより高品質な加工面に仕上げることができます。

  • 面取カッター
  • 別名サラモミカッタと言います。
    穴あけを行った後に出るバリを除去したり、ビスの頭が出ないように加工する為に
    使用されます。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
は行一覧へ