プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

ユリア樹脂 素材 Yumopedia


供給安定、安価、接着剤にも使われる樹脂

ユリア樹脂は尿素樹脂とも呼ばれます。
尿素とホルマリンの反応によって得られる熱硬化性樹脂であり、常用できる耐熱温度は90℃です。
多くの樹脂・プラスチックは石油を原料にしていますが、このユリア樹脂は安価で安定供給される尿素が原料です。
そのためユリア樹脂自体も安価です。
ユリア樹脂は切削材料ではなく、成型材料や接着剤、繊維加工剤や紙、塗料として使われています。
ユリア樹脂にパルプの粉を混ぜて、その成型材料を金型に流し込み、成型機で加熱・加圧すれば製品が出来上がります。
先に述べた安価なこと以外には、耐熱性・着色性・表面硬さ・耐溶剤性・耐アーク性に優れ、難燃性であるため、電気火災安全性の高い配線器具や照明器具の部品に使われています。
また私たちの身の回りでは、鮮やかな色をつけられ、化粧品、医薬品の容器や瓶のキャップ、コップや子ども用食器、ボタンなどの雑貨類、麻雀牌等に使わています。
ユリア樹脂の短所は、脆く、衝撃には弱く、クラック等が入ってしまうこと、寸法変化が大きいことが挙げられます。

ここまでは成形材料としての説明をしましたが、実はユリア樹脂全体の約9割は接着剤として用いられています。
木材に対する接着性が良く、常温接着が可能、硬化速度が速いことから、合板や集成材、内装材の木工用接着に向いています。
テーブルの天板、さまざまな家具に使われていますが、耐水性は劣るため、屋外で使用する製品への利用は避けたほうが良いです。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
や行一覧へ