プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

耐摩耗性 物性 Yumopedia


樹脂・プラスチックと摩耗

摩耗とは、機械の作用によって生じる摩擦、研磨によって表面が減量する現象のことを言います。
一般的にはすり減るという表現をします。
摩耗に対する性質が優れていることを耐摩耗性と表現します。

工業用の部品では、駆動部品、ベアリングなど摩耗の影響を受けやすい環境に使われています。
部品が摩耗すると歯車や軸受けの精度が悪くなったり、寿命が短くなり破損したりする可能性もあります。
耐摩耗性は機械自体の性能にも影響が出てくる重要な項目です。

一般的に耐摩耗性が高いというには、表面硬度が高いこと、摩擦係数が小さいことを指します。
摩耗によって、機械の寿命や精度にも影響があるため、機械に使用される部品、材料の耐摩耗性を上げることが工業的にも非常に重要になってきます。
樹脂・プラスチック素材の中で耐摩耗性の優れているものには、UHMW(超高分子量ポリエチレン)、POM(ジュラコン®)、PPS(ポリフェニレンサルファイド)等があります。
これらはコンベア用部品、ライン関連部品に使用されています。

金属では、アルミ、チタンは工業的にも良く使用されていますが、摩耗に弱いという欠点があります。
耐摩耗性向上させるためには、そもそも耐摩耗性の高い材料を使用することはもちろんですが、表面処理を施すことにより、耐摩耗性を向上させることが可能になります。
工業的に広く有名な表面処理は硬質クロムメッキがあります。
このメッキは摩擦係数が小さいため耐摩耗性に優れています。
もう一つ、高周波焼き入れを施すことでも、耐摩耗性、部品の表面の硬度を向上させることが可能です。
そのため、耐摩耗性だけでなく疲労強度も向上し機械的強度をあげることができます。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
た行一覧へ