プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

燃焼性 物性 Yumopedia


樹脂・プラスチックの燃焼性

樹脂・プラスチックには「燃焼性」と呼ばれる、火を着けた際の物体の変化を表す特性があります。
その特性は以下4つに分類されます。

1.火を着けると燃えてなくなってしまう「可燃性」、
2.燃えることは燃えますがずっと燃え続けることはない「自己消火性」
3.火を着けても燃えにくい「難燃性」
4.燃焼しない「不燃」

では、この4つの燃焼特性はどのようにして分類されるのかと言いますと、「酸素指数」という指標が基準となります。
酸素指数とは、簡単に言うと燃えやすさを表す指標のことです。
プラスチックが燃焼し続けるために最低限必要な酸素濃度を測定し、その数値をパーセンテージで表した指標です。
材料によって酸素指数は異なり、酸素指数の値が22%以下であれば可燃=燃える材料というように分類されます。
指数23~27に当てはまるプラスチックは、燃えますが、ずっと燃え続けることはない自己消火性プラスチックです。
指数27%以上になると燃えにくく、難燃性と分類されます。
PVC(ポリ塩化ビニル)が代表的で、そのもの自体が発火、着火することがないので、電線ケーブルなどに使用されることが多いです。
安全面を考慮すると適正な材質選びは大変重要となります。
また、最も酸素指数が高い=難燃性が高い樹脂・プラスチックはPTFE(テフロン)で、身近な所ではフライパンの表面にコーティングとして用いられていることが多いです。
難燃性を持っているからこそ、火を使用する箇所に使用されています。

用途にあった適正な材料をご提案させて頂きますので
材料選定のご相談など、お気軽にお問い合わせ下さい。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
な行一覧へ