プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

切削加工 加工方法 Yumopedia


樹脂・プラスチックを削る加工方法

樹脂・プラスチックの加工方法は大きく分けて2種類あります。
1つが量産時によく使用する金型成型です。
金型成型は製作数量が500個~1,000個近くの場合に向いている加工方法です。
型をおこすので、初期費用額は大きくなりますが、数量が多いので
1個当たりの単価は安くなります。

もう1つが切削加工です。
弊社が行っているのがこの切削加工です。
切削加工とは、樹脂・プラスチックの材料を工具を用いて削り出して希望の形状、精度に仕上げていく加工方法です。
切削加工には各種工作機械を使用しますが、弊社は丸形状、板形状、複雑形状など
多様な形状に対応できる機械があります。
切削加工に向いている数量は1個~300個程度です。
数量が多くなりすぎると、1個当たりの加工時間が成型品よりかかってしまいます。
切削加工はどちらかと言えば量産向きではありません。

切削加工で出来上がった製品は主に量産前の試作や、実験段階の試験品、加工用治具などに使用されることが多いです。
加工品には精度が求められますが、それらに影響を与えるのが材料の剛性と熱変形です。
剛性は変形に対して抵抗しようとする力で、工作機械は振動によってびびる(刃物が振れてしまう)現象が発生し、
加工精度に悪影響を与える可能性があります。
熱変形については、特にプラスチック材料は温度によって変形しやすいものもあるため、注意が必要です。
加工時には刃物と加工品の間に摩擦が生じ、発熱する場合があります。
その際は工作機械の稼働時間等を正確に把握し、熱変形への配慮をする必要があります。
弊社には加工の知識を持った加工者が多数いるので、自信を持って製品をご提供させて頂きます。
精度の必要な製品、短納期のご希望、コストダウンのご相談等は、ぜひ弊社にお問い合わせ下さい。

樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
さ行一覧へ