プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

Yumopedia ~プラスチック・樹脂用語解説~

プラスチック・樹脂の用語を
私たちが詳しくご説明します。

※本用語集は、当社で調べた用語の意味を簡潔に記載しています。
本用語集に記載されている情報の正確性・完全性を保証するものではありません。

バフ仕上げ 加工方法 Yumopedia


表面に光沢を施す処理

「バフ」とは樹脂や金属を研磨する際に使う道具の名称で、それを用いて表面の仕上げを施します。
バフの形状は円状の布や綿素材、フェルトなどを重ね合わせた構造で丸形をしています。
それをバフ車と呼んでおり、停止している時に触ると軟らかいですが、研磨剤(砥粒)を付着させて高速回転(時速120キロ)することにより研磨できるほど鋭くなります。
そのバフ車を加工物に押し当てて表面を磨いていきます。
樹脂ならアクリルやABS、金属ならステンレス、アルミの表面仕上げに施されることが多いです。
アクリルの場合元々は透明ですが、切削面は白く不透明になってしまうので元の透明度が必要な場合はバフを当てることになります。
ステンレスの研磨の場合は◯◯番と番手の指示があることが多く、その数字が大きくなればなるほど表面に光沢が生まれます。
800番台だと鏡面=鏡のような仕上がりまでなります。

バフ研磨を施すことによって、表面の傷をなくし、凹凸が減少するので摩擦抵抗が少なくなります。
また、金属の場合はメッキなど後処理をすることが多々あるので、バフ研磨を施した後にメッキ処理をすると更に光沢が出てキレイに仕上がりコーティングの持ちも良くなります。
但し、バフ研磨の目的としてはあくまでも表面のつや出しなので寸法精度の向上は期待できません。
仕上げ面の条件によって研磨剤やバフの生地を選定しますので、ご相談頂けましたら最適な提案をさせて頂きます。


樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

関連ワード
は行一覧へ