わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

ワンポイント講座 lecture

わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

ネジ溝加工における逃げ溝の確保についてプラスチック加工のワンポイント講座


シャフト形状にネジ切りをする際に全箇所をネジ形状に設計すると、根本の箇所にバイトが当たってしまうためネジ加工をすることができず、また切削刃物の先端が丸いためR形状が残ってしまいます。
そのまま加工をすると、根本部分はネジとしての機能を持ちません。この箇所のことを『不完全ネジ部』と呼びます。

この不完全ネジ部がある状態だと、相手部品であるメスネジに嵌めきることができなくなる場合があります。
そのため、ネジ部の根本には逃がし(ネジの場合はヌスミといいます)の溝を加味した設計が必要です。
また、メス側のネジを切削にて加工する際もヌスミ溝の設定が必要となり、通常メスネジの一番深いところに逃しを作ります。

実際のネジ逃がし加工の様子を動画でご覧ください。

動画を見ていただければわかるように、逃がし無しの加工では根本に刃物の当たらない箇所が残ってしまい、嵌合相手の根本まで締めることができません。これが「不完全ネジ」部です。
一方、先にヌスミ溝を作ったネジは根本部分もネジとしての機能を持っているので嵌合相手にぴったり入れることができています。

このヌスミ溝の幅は加工するネジのピッチ(ネジの山間の長さ)に合わせて設定します。
目安としては、ピッチの1.5~2倍程度の寸法になります。
詳細は、JIS B 1006に不完全ネジ部の長さ・ネジの逃げ溝の形状寸の規定があります。

こういったヌスミ溝を作る際に、芯幅が細くなることにより強度が弱くなるのではというお問合せもいただきます。
基本的には逃し溝加工をすることでオスメスをしっかりと嵌合させることが可能です。

強度が気になる場合の対応策としては?

ヌスミ溝をR形状にすると応力の集中が避けられるため強度は増しますが、加工の工程が増えるためコストアップにも繋がってしまいますので、特に強度の欲しい部品の場合にご検討ください。
また、強度の問題から不完全ネジ部を残した状態でのネジ作成をご希望される場合は、相手側のネジ入り口に不完全ネジ部を逃がせられる大きさのC面取りをすることで嵌合が可能です。

実際に図面で指図する際、不完全ネジ部が不要な旨を記載する必要はありません。
逃しの溝を入れたいが寸法がわからない…という場合は「逃げ可」や「逃げ溝」など、加工者がわかるように記載いただければ加工は可能です。
もし不完全ネジ部を残しておく必要がある場合は、下記のように斜めの線が入ると不完全ネジの意味となります。

湯本電機では切削加工から3Dプリントまで、様々なプラスチック加工に対応しております。
対応可能な加工については「プラスチック加工・樹脂加工 加工方法一覧」へ。

タグ

この記事に関連する
プラスチック加工のワンポイント講座

ワンポイント講座一覧へ