わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

ワンポイント講座 lecture

わたしたちが、ご紹介します。
注文の際にご活用ください。

基板の材料や電気・電子部品として加工され多用される「エポキシガラス」素材のワンポイント講座


エポキシガラスとは

エポキシガラスとはガラス繊維にエポキシ樹脂(液体)を含侵させ、熱硬化させた積層板(積層棒)です。
通常は緑色をしていますが、経年変化とともに、黄色から茶色に変化していきます。
エポキシガラス、ガラスエポキシ、エポキシガラス樹脂、ガラエポなどど呼ばれることがありますが、弊社ではエポキシガラスと統一して呼んでいます。また、図面上、GFRPと表記されることもあります。

GFRPとは

まず、FRPとはプラスチック(Plastic)補強をする(Reinforced)繊維(Fiber)のことです。(繊維で補強をしたプラスチック)ここでいうガラス(Glass)繊維とはガラスでできた繊維(fiber)のことです。
では、(FRP)のRとは何かですが、鉄筋コンクリートとは、コンクリート(セメント)の中に鉄筋をいれ、頑丈にしたもののことをいいます。
それと同じ原理で、エポキシ樹脂をガラス繊維に含侵させ、強度を増したものがGFRPということなのです。

エポキシガラスの特徴と用途

ここでいう強度とは、機械的強度が高いこと、つまり剛性が強いことと長寿命であるという意味合いです。
また、熱伝導率・耐熱温度・電気特性・断熱・絶縁に優れており、薄くても反りにくいという特徴を活かして、プリント基板の材料や電気、電子部品として加工され、多用されています。
弊社では0.2mmという非常に薄いエポキシガラスに穴あけなどの加工もできます。
反りが少ないというエポキシガラスの特徴ですが、エポキシガラスの特性である収縮率が低いことがあります。
ここでいう収縮率とは液体が固体になった時の体積の変化率を言います。加熱成型したときに収縮する度合いがとても低いので、成型をするときに寸法がでやすい、反りが少ないといった特徴が生まれます。
この特性はベークライト(フェノール樹脂)に比べると、反りや平行度や厚みの一定さなどが有利になります。

同じ積層品のベークライト(フェノール樹脂)と耐熱温度を比較すると、ベークライト(フェノール樹脂)が約130℃の耐熱に対して、エポキシガラスは約180℃まで耐熱効果を発揮します。
ただし、弊社では連続使用可能温度として150°程度を推奨しています。

その他の特徴として、吸湿性があり、寸法安定性、加工性、耐摩耗性、耐衝撃性、すべり特性は良くありません。
接着加工はできるので、箱形状などの製作もでき、対象物の周囲全体を絶縁することも可能です。
外観は、上下面は光沢があり非常に滑らかですが、切削した面は白っぽくなります。

エポキシガラスの使用業界

基盤メーカー、機械メーカー、電子部品関係などで絶縁材・断熱材として使用されることが多いです。
また、薄く加工できるという特徴を活かして、スペーサーとして使用されることもあります。
あくまで繊維質で、用途によっては欠ける可能性もあり、吸湿性もあるので、食品関係や医療関係で使用されることはほとんどありません。

加工上の注意点

エポキシガラスには繊維の目の方向があります。現在使用されているエポキシガラス加工品と同じものを新しく製作される場合や、一部だけ再製作される場合で、目の方向を合わせる必要があるときは、事前に指示していただければ対応させていただきます。

エポキシガラスは他の樹脂材料に比較して硬質である為、切断の際には専用のダイヤモンドカッター、超硬ツール等を使用します。
エポキシガラスを切断すると、微粉末化した粉塵が各所に飛散します。この粉塵対策がエポキシガラス加工の一番の難点です。

まず、切断加工の際にパネルソーという大型の切断機を使用しますが、この切断工程で大量の粉塵が発生します。
機械モーター部、駆動部等にエポキシガラスの硬い粉塵が入り込んで機械が故障するケースもありエポキシガラス対策をしていない所では加工を嫌がります。
一概には言えませんが、エンジニアプラスチックやスーパーエンジニアプラスチックの流通量が増えたことにともなって、機械加工事業を成長させた加工メーカーでは、エポキシガラスやベークライト(フェノール樹脂)といった粉塵の舞う積層板の加工自体を受けておらず(上記の専用ツールや下記の集塵機などを設備していないため)、それらのプラスチックが流通する前から加工をしている歴史ある加工メーカーしかなかなか加工ができない、という樹脂加工業界特有の時代の流れもあるようです。

そして切断の際に発生した大量の粉塵は集塵機で集塵しますが、集塵性能が高い装置でないと工場内は大変なことになります。
さらに、この粉塵は非常に細かいため、人体の気管内に入り込む可能性もあります。
そのため、防護マスクと防護サングラスが必要になってきます。
弊社では、上記のようなダイヤモンドカッターや超硬ツール、集塵機を完備しております。
通常在庫として、板・丸棒ともに揃えており、長年エポキシガラスの加工を続けていることからノウハウもあるので安心して任せていただけます。

エポキシガラス加工、樹脂加工・プラスチック加工は湯本電機にお任せ下さい。
短納期で高品質の樹脂加工品を大阪・東京から全国へお届けします。

エポキシガラスの特徴・用途などの素材ページはこちら。

タグ

この記事に関連する
素材のワンポイント講座

ワンポイント講座一覧へ